ブログ

復職時に診断書は必要? 様式例や例文・意見書との違い・判断時の注意点などを解説

復職に関する法令はないため、復職診断書の提出が必要か不要かは、就業規則に定める必要があります。 本記事では、復職診断書の例文・診断書と意見書の違い・復職可否の判断基準など、ルール策定時に人事労務担当者が迷いやすいポイントについて解説します。

記事を見る

休職・休業の違いは? 用語定義・給与や社会保険の支払い義務・手当や補償について解説

従業員を長期間休ませる際、「休職か休業か」で扱いに迷う人事労務担当者も多いはず。本記事では、休職と休業の違いを法的な定め、給与と社会保険の支払い、手当・補償の観点から解説します。「休日・休暇・欠勤」との違いも合わせて参考にしてください。

記事を見る

「休職」と「有給休暇」の使い分け!休職者への対応ポイントを解説

重度の病気やケガだけでなくメンタルヘルスの不調などもあり、企業が「休職」対応をする機会は増えています。 休職者の対応にあたり、疑問となるのが「有給休暇」との使い分けでしょう。 この記事では「休職」と「有給休暇」の違いを確認し、休職者への対応ポイントを解説します。

記事を見る

在宅勤務者への健康管理はどのように取り組めばいい?対策や事例を含めて紹介

在宅勤務は企業と従業員双方にとってメリットが大きいです。 しかし、直接会わないため従業員の健康管理が難しく課題点もあるのが現状です。 従業員の健康管理は企業にも責任があるため、この記事では、在宅勤務者に対してどのように健康管理を行えるかご紹介します。

記事を見る

健康診断は契約社員にも必要?実施義務は?条件・雇入れ時&契約更新時の注意点

契約社員が安全かつ健康に働けるよう、企業は定期的に「健康診断」を実施する義務があります。契約社員は契約期間や労働時間という2つの条件によって健康診断の対象になります。本記事では人事・労務担当者が契約社員の健康診断を実施できるよう情報をまとめて解説しています。

記事を見る



特殊健康診断とは?種類や対象者、実施時期、検査項目を一覧表でチェック!

労働者の健康確保のため、事業者には健康診断の実施が義務付けられています。中でも、健康上のリスクを伴う業務に従事する労働者に対しては「特殊健康診断」の実施が必要です。特殊健康診断の種類や条件は多岐に渡るため、この記事では対象者や実施時期、検査項目などを網羅的に解説していきます。

記事を見る

労働安全衛生法とは?事業者の責務や改正ポイントをわかりやすく解説

職場における労働者の安全と健康の確保や快適な職場環境の形成を目的として、事業者に義務付けられている「労働安全衛生法」。 事業者が労働安全衛生法に沿って責務を果たせるよう、労働安全衛生法の概要や改正点はもちろん、事業者の義務や罰則などを解説します。 ポイントを絞って正しく、労働安全衛生法の知識を学びましょう。

記事を見る


健康管理の業務効率化は私たちにお気軽にご相談ください

健康管理の業務効率化は私たちにお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら
〈受付時間〉平日 9:00~18:00
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
詳しい資料はこちら
ページトップへ戻る