製造業人事担当者向け
健康管理マニュアル

 

 厚労省が発表した「2022年版ものづくり白書」によると、製造業の就業者数は2002年からの約20年間で157万人減少しています。内、若年就業者数(34歳以下)が121万人減少していることから、従業員の高年齢化が進んでいるとみられます。

 ものづくり現場が抱える課題として、企業規模にかかわらず「人材不足」を要因とするものが多く挙げられました。 「人材育成・能力開発が進まない」「後継者不足」は若年就業者の減少と高齢就業者の増加も理由のひとつと考えられます。
 

 本資料では、人手不足を解決するため方法の1つとして挙げられる、従業員の健康を守り働きやすい環境づくりに役立つ、健康診断を有効に活用した取組み、働きやすい環境整備のためのストレスチェック制度の活用方法、年齢とともに増加する労働災害の防止についてご紹介いたします。


 ・製造業が抱える人手不足と従業員の高年齢化の現状
 ・定期健康診断の有所見率からみるリスク
 ・人手不足解消にむけた取組み

  

資料の一部をご紹介

下記フォームにご入力ください(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
ページトップへ戻る