お役立ち資料

人事労務の業務に役立つノウハウ資料


高年齢労働者の労働災害をふせぐためにできること

高齢者と呼ばれる65歳以上の人口は3,621万人と総人口の約3割を占めます。本資料では、高年齢労働者の労働災害をふせぎ、安心・安全に働ける職場環境のつくり方などをご紹介いたします。

治療をしながらはたらく職場の環境づくり

通院しながら働く人の割合は年々増加していますが、企業の支援体制が整っていない場合、職場の理解を得られず離職せざるを得ないという労働者も少なくありません。

メンタルヘルス不調者の職場復帰支援

メンタルヘルス不調により連続1か月以上休業した労働者がいる事業所の割合は8.8%となっており、貴重な労働力の維持・活用を図るためにも、職場復帰支援は重要な課題です。

自社に合う産業医を選ぶために知っておきたいこと

産業医とは、職場において労働者が健康、安全な作業環境で仕事が出来るよう、専門的立場から指導・助言を おこなう医師です。
 

過重労働のリスクとは?~健康経営は正しい勤怠管理から~

過重労働とは、労働者に身体的・精神的に過重な負荷を負わせる労働・業務形態で、時間外・休日労働が月100時間を超える、もしくは2~6か月平均で月80時間を超えることです。

人的資本経営のキホン

人的資本経営とは、人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる経営のあり方です。
 

特殊健康診断基礎知識解説ブック

特殊健康診断とは、労働安全衛生法、じん肺法に定められている一定の有害な業務に従事する労働者に対しおこなわなければならない、医師による特別な項目についての健康診断です。

企業の健康診断how to 本

労働安全衛生法第66条で、事業者は労働者に対し医師による健康診断を行わなければならないとあります。定期健康診断の計画・受診から事後措置までの流れなどをご紹介しています。

労災対応マニュアル~労災の基本知識から保険申請手続きまで~

近年の労災の発生状況から、労災保険の種類と使用する請求書、人事労務も把握しておくべき労災申請を解説しています。
 

労災を防ぐための取組み"OSHMS"を知っていますか?

労災を防ぐための取組み「労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)」についての基本知識から導入に向けての構築方法を解説。
取組みの事例も紹介しています。

衛生委員会基礎ガイド~テーマ・年間スケジュールの立て方のヒント~

衛生委員会とは労働者の危険、健康障害を防止するための対策(労災防止)などの重要事項について、労使が一体となって調査審議をおこなう場です。
衛生委員会の基礎的な情報についてまとめました。

労働安全衛生法を担当者目線で理解する―企業が取り組むべきこととは

1972年に制定された労働安全衛生法。直近では2015年にストレスチェックの義務化、2019年には過重労働を防止・改善するための各種改正がおこなわれています。

メンタルヘルス不調・パワハラを防ぐためのストレスチェック活用法

ストレスチェックの結果を生かし、メンタルヘルス不調やパワハラを事前に防ぐには​​​どうしたらよいか、​厚生労働省が開示しているデータや、専門的な知識を基に解説しています。

健康経営を始める前に知っておくべき8つのポイント

健康経営とはなにか?という基本的なことから、健康経営を進めることでどのような効果が得られるのかを解説。
失敗事例や継続の秘訣なども紹介しています。

ストレスチェック制度に対応するための8つのポイント

ストレスチェックの目的や実施手順から、結果の活用方法まで一連の流れを8つのポイントに分けて解説。初めて担当する方はもちろん、効率的に進めたい方にもおすすめです。

中小企業におけるパワハラ防止法適用の解説書

2022年4月より中小企業にも適用されるパワハラ防止法についてどんな行為がパワハラにあたるのか、事業主が必ず行わなくてはいけないことについて詳しく解説しています。

「従業員の健康推進とデータ活用」に関するアンケートレポート

人事ポータル「HRpro」で実施した「従業員の健康推進とデータ活用」のアンケート結果をまとめたレポートです。健康情報管理とデータ活用について各社の事情と課題を探りました。

健康管理の業務効率化は私たちにお気軽にご相談ください

健康管理の業務効率化は私たちにお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせはこちら
〈受付時間〉平日 9:00~18:00
ご不明な点はお気軽にお問い合わせください
詳しい資料はこちら
ページトップへ戻る