物流業人事担当者向け
健康管理マニュアル

 

 経済産業省が発表した「電子商取引に関する市場調査の結果」によると、日本国内でのEコマース(ネットショッピング)の市場規模は、拡大コロナ禍の巣ごもり需要の影響もあり2021年には全体で20兆円以上、物販系分野でも13兆円を超えました。こうした需要の高まりに対し、従業員の高齢化や長時間労働による人手不足が問題となっています。
 ドライバーに関しては、全従業員のうち40歳以上が約7割を占め、年間の労働時間も全産業より300時間以上長いという結果も出ています。また、2028年には約27.8万人のドライバー不足が予測されており、人出不足解消にむけた取組みが必要です。

 本資料では、健康診断を有効に活用した取組み、働きやすい環境整備のためのストレスチェック制度の活用方法、年齢とともに増加する労働災害の防止についてご紹介いたします。


 ・物流量の増加、人材の高年齢化による人手不足問題
 ・定期健康診断の有所見率からみるリスク
 ・人手不足解消と長時間労働の改善にむけた取組み

  

資料の一部をご紹介

下記フォームにご入力ください(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
ページトップへ戻る