女性の職業生活における
活躍を支援する

 

 

 女性の職業生活における活躍を支援するための法律として、「女性活躍推進法」(正式名称:女性の職業生活における活躍の推進に関する法律)があり、2016年4月に施行され、その後2019年6月、2022年4月に法改正がおこなわれています。

 女性活躍の重要性は広く認知されており、管理職に占める女性の割合は長期的に見ると上昇傾向にありますが、諸外国と比較すると管理職に就いている女性の割合は低く、世界経済フォーラム(WEF)が2021年に発表した「ジェンダーギャップ指数」 (国別の男女格差を数値化した調査)で、日本は世界156か国中120位、主要先進7か国では最下位という結果が出ています。これは、管理職の女性比率の低さによる経済分野の取組みの遅れが主な要因の1つといわれています。

 本資料では、女性活躍推進法と改正ポイントや、企業での女性の参画状況、女性活躍推進のために一般企業がおこなうべき取組みについてご紹介いたします。


 ・企業での女性の参画状況
 ・女性活躍推進のために一般企業がおこなうべき取組み
 ・女性活躍推進の取組事例

  

資料の一部をご紹介

下記フォームにご入力ください(1分)
会社でお使いのメールアドレスをご記入ください。
ページトップへ戻る